「寂しさ」という感情・喫煙と同じくらい身体に悪影響を及ぼす!!

心理・心の癒し

「寂しさ」という感情・喫煙と同じくらい身体に悪影響を及ぼす!!
  • ぱっちりウィンク

寂しさは、喫煙と同じくらい身体に悪影響

たばこに含まれる有害物質は、タール、ニコチン、一酸化炭素だけではなく、
約60種類の発がん物質、約200種類の有害物質、約4,700種類の既知の化学物質
が含まれています。

ただ孤独感や寂しさはこの有害なタバコを吸っていないにも関わらず、
行き過ぎた孤独感は、1日15本喫煙するのと同じくらい健康に害がある
という研究結果がでています。

寂しさは、喫煙と同じくらい身体に悪影響を及ぼすもの。科学者は、寂しさが人に与える影響は、長期間、喫煙している人が受けるものと同様であることを解明しました。慢性的な寂しさは、早死にを招くもとにもなるのです。

出典 http://tabi-labo.com

孤独レベルが高いと死亡リスクが45%上がる

一人暮らしの死亡リスクが高いことは、別の調査でも証明されています。
カリフォルニア大学の医学助教授、カーラ・ペリッシノット教授の研究は、
平均71歳の参加者1,604人の協力を得て行われました。

調査方法は、まず、参加者に孤独に関する3つの質問をして、その孤独レベルを判定。そして、「お風呂に入る」「食べる」「服を着る」「階段をのぼる」などの日々の行動を6年間にわたってにチェックしました。

すると、孤独レベルが高かったグループの59%は、調査機関の終了までに、日常生活を満足に送れなくなってしまいました。さらに衝撃的なのが、調査が終わるまでに死亡していた確率は、孤独レベルが低いグループより、孤独レベルが高いグループのほうが45%も高かったのです。

ペリッシノット教授は、「孤独は、脳内の化学物質やホルモンを変化させる引き金になってしまいます。それにより、心臓病や間接炎を悪化させてしまうんです」と指摘しました。こ、孤独に殺される……!

出典 http://magazine.gow.asia

世界保健機構WHOは「孤独は、喫煙や肥満以上の健康リスクを伴う」と発表。

孤独の人は免疫システムが弱まり早死しやすい

新しい研究結果によると、孤独の人は免疫システムが弱まり早死しやすいとのことだ。定期的に人と関わることがない人は、白血球の数値が低くなり、人とよく接している人よりも14%ほど早死しやすくなるそうだ。

孤独は体に闘争反応を起こし、白血球の数値を下げてしまう。
そして、年月を経て免疫システムが弱くなっていくようなのだ。
研究結果によると、危険サインは孤独によって活性され、最終的には白血球の数値に影響を与えてしまうということだ。

出典 http://www.wildruss.com

孤独な人は社会からのサポートが不足してストレスが大きくなり、負の感情を抱きやすい。そして炎症や心臓・脳の血管疾病リスクが高まるという。
オーストラリアの研究では、社交的な人がそうでない人より平均10年長く生きるとの結果が出たという。

出典 http://news.livedoor.com

一人より人といるときの方が感じやすい感情

ひとりのときは孤独で当たり前と思えます。
でも、ふたりでいるときは心のどこかで相手との繋がりを望み、期待をします。
その期待通りにいかないとき、ご自身が望むような繋がりを感じられないときに期待していた度合いが大きければ大きい程、ガッカリし孤独感が増すのです。

出典 http://www.counselingservice.jp

孤独の感覚は脳内のセロトニンの分泌量

セロトニンは人間の精神面に大きな影響与え、心に安らぎをもたらしてくれる
別名「幸せホルモン」と言われています。
太陽の光を浴びることで、セロトニンの分泌がしっかりと活発になります。

孤独の感覚は脳内のセロトニンの分泌量が少ないことによって起こると
言われています。
セロトニンは人とコミュニケーションを取ることによって分泌されます。
セロトニンを増やしたければ人と関わる時間を増やすのがオススメ!!

孤独感の原因は過去

今感じている孤独感が過去にもあったと感じるのなら
今現在感じている孤独感の原因は過去にあります。

過去に感じた孤独感・・・
インナーチャイルドを癒しましょう。

孤独を感じた時は、むしろ自分自身を見つめ直すいい機会でもあります。

そして、今なぜ孤独を感じるのかをよく考え、その原因を明らかにすることも大切です。そうすれば、日々の生活をより楽しめるようになり、自分自身を大きく成長させることができるでしょう。

出典 http://welq.jp

オキシトシン分泌を増やす方法は!?

心地よいスキンシップ

幸せホルモン「オキシトシン」を分泌させると、さみしい気持ちが嘘のようにスッと消えるというのだ。

オキシトシンは脳下下部から分泌されるホルモンで、「幸福感」や「安心感」、「信頼感」など、さみしがり屋に不足しがちな要素を一瞬で満たしてくれる、優れた性質を持っている。幸せ物質の「セロトニン」や睡眠ホルモンの「メラトニン」と並んで、幸せ感を得るには欠かせない効果を持っているのである。

出典 http://rocketnews24.com

5913507716_239ebb51e9_b.jpg

オキシトシンを分泌させるには、この触れ合い方にポイントがあるのです。それは、「心地よく触れ合う」ということ。嫌いな人に触れられても、それは不快でしかなく、オキシトシンは分泌されないのです。

心地よいスキンシップであれば、何でもいいので、エステなどのマッサージや、リフレクソロジーを受けるのもおすすめです。マッサージなどを受けた後は、心がとてもリラックスしますよね。あれはもちろん、凝り固まっていた筋肉がほぐされたからでもありますが、もう一つ、気持ちよく触れられたことも関係しているのです。

出典 http://www.life-rhythm.net

そんなこと言っても・・・一人なんだけど・・・という方には

ぬいぐるみなどを抱きしめる

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ

【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)