【危険!!】現代人に多い低体温がもたらす恐怖・原因と改善法

健康・美容

【危険!!】現代人に多い低体温がもたらす恐怖・原因と改善法
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

近年、低体温の方が増えていると言われています。

低体温になると、血行も悪くなり、免疫力も低下し、
太りやすくなったり、お肌トラブルなど様々な
病気を引き起こりやすくなります。

人間の身体は本来、常に36度~37度くらい

体温の変化は健康のバロメータになる


人間の体温は、常にほぼ一定に保たれており、
体温が上がると汗をかき熱を発散させて体温を下げます。
寒くて体温が下がれば、筋肉を収縮させて震わせ、
熱を作り出すことで体温を上げます。


通常の健康な人なら、人間の体温は36度代に保たれています。
体温は1度でも下がることで、体調が変化してしまいます。

年齢を重ねると、この体温調節の反応が鈍くなってしまいます。
体温調節がうまくできていないのであれば、自律神経の「体温調節中枢」
の働きに問題がある可能性があります。


体温が1℃下がると免疫力は30%も低下する

ガン細胞が最も増殖する温度が35℃台

「低体温」は免疫力が下がり、様々な病気を引き起こす原因になります。
最近は平熱が36度 以下の人も増えています。
健康な体を目指すには、体温を上げること!

出典 http://fufufu.rohto.co.jp

低体温は、生活習慣病やアレルギー、うつ、ガンなど、さまざまな病気を引き起こすのだそうです。

出典 http://fufufu.rohto.co.jp

体温が1度上がると免疫力は5~6倍(500~600%)になる

“低体温”、免疫力と大きな関係がある

「体温を1度上げると、免疫力は一時的に5~6倍アップ。心臓や脾臓など産熱量の多い臓器には、ガンはできないんです。身体を温め、平熱を上げることが健康維持につながります」

出典 http://fufufu.rohto.co.jp

体温は自律神経(交感神経と副交感神経で構成されている)の働きによって
一定にコントロールされていますが、
自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位になってしまうと、
白血球中のリンパ球の割合が極端に少なくなってしまいます。

リンパ球が、免疫力の中核となる存在であることは既に述べた通り。
このリンパ球は副交感神経の支配下にありますから、
交感神経が優位になるとリンパ球が少なくなり、
それ以外の顆粒球が増加するのです。

この状態が長く続くと、血の巡りが悪くなり血液はドロドロになってしまいます。
血がうまく循環しないわけですから、体温も下がりますよね…。

出典 http://www.taioninfo.com

体温は免疫力を測るバロメーター

簡単に言うと病気に対する「抵抗力」、体の防衛システムになります。自分自身の細胞とそれ以外の異物(細菌やウイルスなど)を区別して、異物を攻撃&排除してくれる働きをします。
この免疫力が無ければどんなに高度な治療をしたとしても病気が治ることはありません。

出典 http://menekiryoku-up.net

身体を冷やす、生活習慣とは?

・運動不足
・湯船につからない
・水の飲み過ぎ
・冷房の影響
・食生活の変化
・加工食品、偏食、過食、食べないなど
・甘いものの食べ過ぎ
・過度のストレス
・睡眠不足
・悪い姿勢
・タバコ
・筋力の低下
・ガードルなどの窮屈な下着または衣服
・過剰なダイエット


ほとんどが「生活習慣」からきているものです。

体温上昇で免疫細胞が活発に

免疫力を向上させる=免疫細胞の働きを高める・・・ということになるのですが、
免疫細胞は温度が高い方が活発化するそうで、実験で細胞を扱う場合でも36度よりも37度前後の方が酵素が活性化、細胞活動が上がることが確認されているそうです。

白血球一族のリンパ球などは35度では動きが鈍くなるとのことで、「体温が低い人は風邪もなかなか治らず長引く傾向がある」と指摘する先生もいらっしゃいます

出典 http://www.karadakarute.jp

お肌にも影響

体温が1度下がると、細胞の働きも低下!

つまり!肌の生まれ変わりが遅くなり、老けやすくなる!

出典 http://www.sen-ichi.com

【低体温による悪循環】

●低体温による冷え

●血行が悪くなる

●細胞の機能が低下

●代謝が低下

●体熱産生が低下

●さらに冷える

teitaion17.gif

日常生活の中で心がけたい免疫力UPのポイント

「低体温」改善する方法

お風呂で湯船に浸かってリラックス

Bathessentias.jpg


体の芯から温めてる半身浴がおすすめです。
シャワーばかりでは体を芯から温めることができません。

お湯にゆっくりと浸かることで体温が上がってきます。
体質改善のためにも、毎日10~15分は浸かるようにしましょう。

またリラックス効果もあるので副交感神経が優位に働き、
血流も良くなります。

軽い運動をする

「筋肉をつける」ことが大切!!

体の熱は筋肉で作られます。
筋肉の量が少ないと、体内で熱が作られないので、
低体温になりやすくなります。

ウォーキングなどの有酸素運動をすることで、
筋肉もほぐれ血行がよくなり、体温も上がってきます。

また、筋肉量も増え、熱もつくられやすくなり、
低体温の改善つながるのです。

根本的に低体温を改善するには、体の内側から日々の習慣で
変えていくことができます。


yjimage.jpg

体を温める食べ物、飲み物を選ぶ

出典 http://www.fp-kano.com

◆体を温める飲み物

しょうが湯、黒豆茶、ほうじ茶、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、日本酒、紹興酒


体を芯から温めるには毎日の食生活が大切になります。

体を温める食べ物、飲み物を意識して取り入れて、体質改善を目指しましょう。

低体温を改善して免疫力をアップ!

冷え性予防サプリ

出典 http://josei-bigaku.jp

生姜は中国では生姜(しょうきょう)と呼ばれ、
漢方薬の半分以上で使用されているほど、なくてならない原料です。

生姜は冷え性に効果があるというのは、一般的によく知られていますが、
当商品の主原料である金時生姜は、日本で独自に改良された品種で、
ジンゲロールという温め成分を通常の生姜の4倍、
ガラノラクトンという香り成分は10倍も含まれており、
生姜の王様とも言われています。
  
また、サプリメントとして乾燥させた生姜を摂取するメリットとして、
生の生姜には少量しか含まれない温め成分であるショウガーオールを、より多く摂ることができます。

出典 http://www.syufeel.com

体を内側から温めるので冷え性対策に!!

健康体温36.5度を目指しましょう。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)