寝るときの服装によって『睡眠』の質が変わる!!

快眠、いびき、寝返り

寝るときの服装によって『睡眠』の質が変わる!!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

睡眠時、体が休息状態に入るために体温が下がり始める

眠っている間は昼間のようなエネルギーを必要としないので、身体はエネルギー節約のため、深部体温を下げようとします。深部体温が下がるほど、より深い睡眠を得ることができるのです。

出典 http://www.lifehacker.jp

軽くて締め付けの少ない服装(もしくは何も着ない)で寝ると体を眠りに適した温度に整える効果がある

出典 http://www.lifehacker.jp

健康 のためには薄着で

21364065.jpg

人間の身体は、体温を調節して身体を守ってます。
寒くなれば、体温を上げるようになっています。

出典 http://www.pt-hamamoto.biz

厚着をして体温を高めてあげるのも代謝の向上につながりますが、やはり、薄着による身体の自発的な発熱による体温上昇こそ、本当の意味での代謝の促進になります。

出典 http://neuertraum.com

パジャマ選びで気をつける3つのポイント!

1:薄着で眠る

基本はTシャツ・短パンなどの必要最小限のみにとどめます。靴下も履きません。

2:身体を締め付けない

身体を締め付けない服装を心がけます。ゆったりとしたTシャツやウエストがラクなものを選びます。キツイ服装で眠ると、就寝中にカラダがリラックスできず、血流も滞ると考えるからです。

3:素材を選ぶ

綿100%やシルクなど、カラダに優しい自然素材を選びます。

冬は特に静電気の原因になりやすい、ポリエステルやナイロン素材は避けた方がいいかもしれません。

出典 http://nanapi.com

厚着で寝ると・・・

生地がふわふわしていたり厚いモコモコ素材だったり着こみすぎたりすると、寝返りのしやすさが失われて肩こりや腰痛を起こすだけでなく睡眠しても翌朝疲れがとれない原因になってしまいます。

出典 http://huminhime.com

生地が厚いモコモコ素材だったり、着こみすぎたりすると、スムーズな寝返りを妨げ、肩こりや腰痛、疲れがとれない、などの一因になってしまいます。

出典 http://style.nikkei.com

寒い冬くつしたを履いて寝るのはNG

寒いからといって靴下を履くと足が圧迫されて血管も収縮してしまいます。
すると血流はさらに悪化してしまい、足先の冷えが強くなってしまうのです。

靴下は熱を保温してくれますが暖かくはしません。

出典 http://huminhime.com

体温が低い方が快眠できる!

体温が低めの方がより静かで深い眠りにつけるためです。睡眠と密接な関係にあるメラトニンというホルモンは、夜間の冷えた環境、すなわち体温が下がっていると感じることをきっかけに分泌されると思われます。

出典 http://news.livedoor.com

温度が摂氏33度、湿度50%が睡眠の質を高める

掛け寝具と敷き寝具でつくられた寝床内気候が、「およそ温度が摂氏33度、湿度50%」に保たれていると、あたたかく、さわやかだと感じ、身体が気持ちいい~と伸びをするようなリラックスした睡眠をとることができます。

出典 http://style.nikkei.com

あたたかさのカギは「敷き寝具」にあり

Dollarphotoclub_82453768-1024x683.jpg

寝床内の熱のほとんどは敷きふとんを通して逃げていきます。また、寝床内の保温の6割が敷き寝具、4割が掛け寝具が担っているといわれています。

出典 http://style.nikkei.com

寒い日は布団乾燥機で温める

 就寝前の15分~30分温める目的で布団乾燥機を使用すれば、ふとんの中を快眠温度の摂氏33度まですぐにあたためることができ、サラサラ&フカフカ幸せな気分で眠りにつけます。

出典 http://style.nikkei.com

冬場は湯たんぽが活躍

SD003.jpg

◇◇寝るときポイント◇◇

・寝るときは薄着
・冬には着こむのではなく、お布団を温める

これが「快眠」の秘訣!!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)