【危険!!】無意識に歯を食いしばる癖!! 健康や美容にまで悪影響

日常の習慣

【危険!!】無意識に歯を食いしばる癖!! 健康や美容にまで悪影響
  • ぱっちりウィンク

食いしばりは上下の歯と歯を合わせて噛みしめることです。

食いしばりをする方は1時間から2時間、無意識に大きな力で行うために、
歯や顎の痛みなどを訴えることがあります。

出典 http://hanoblog.com

クレンチング症候群(食いしばり)

心身にストレスを感じているときは、顔つきも変わりますよね。
これは、交感神経が緊張して筋肉がこわばり、無意識に歯を食いしばっている(クレンチング)から。
基本的に、歯は大きな圧力に耐えられる組織ですが、通常は、1日24時間のうち、上下の歯が接触する時間は、食べ物をかむときも含めて20分程度。驚くほど短いのです。

したがって通常、口を閉じている時、上下の歯は離れています。


肩こりや顎関節症、知覚過敏、歯周病や講習等の原因んとなっていることが非常に多く、これらを総称して「クレンチング症候群」と呼んでいます。

出典 http://

通常リラックスしている状態では上下の歯は当たっていません。

安静時空隙と言って、リラックスしている時の上下の歯と歯の間は約2ミリ程度あいているのがベストな状態

出典 http://ha-shiritai.com

歯を食いしばっている時間が長ければ長いほど、歯や、歯周組織への
負担は大きくなります。

自分自身の体重に匹敵するくらい大きな力

健康な成人男性( 20 - 30 歳) 42 名を対象に,噛みしめ時に奥歯(下顎第一大臼歯・ 6 歳臼歯)にかかる力(咬合力)を測定した研究によると,

最小では 27.5kg ,最大では 100kg もの値を記録し,
その平均は 59kg でした。

その後,前歯や犬歯の咬合力も測定されています。
20 歳代の成人男性 150 名の右側前歯,犬歯および奥歯の咬合力はそれぞれ 15.66kg , 27.74kg , 66.90kg と記録されています。

これらのデータからも,歯を食いしばった時には,自分自身の体重に匹敵するくらい大きな力が奥歯にかかっていることが分かります。

ちなみに普段の食事の際に奥歯にかかっている力(咀嚼力)は最大咬合力の 2 分の 1 から 4 分の 1 と小さく,およそ 10 - 20kg 程度であるとされています。

なお,硬い食物を強烈に咀嚼する習慣のあるエスキモー人では最大咬合力が我々の 3 倍にもなっていると言われています。

出典 http://

歯を食いしばると出る症状

歯が痛くなる、顎が痛くなる、疲れる、こめかみが痛くなる、頭痛がする、
耳鳴りがする、イライラする、肩こり、首が痛い、歯がキーンとする、しみる、
などの症状がでてきます。

頻繁に歯を食いしばることで、歯の表面のエナメル質がはがれてしまったり、
歯の根元が炎症を起こし細菌感染しやすくなり、歯周病が進行してしまう恐れも。
 

出典 http://www.savethewatashi.com

虫歯はないのに歯や顎が痛い、頭痛がしたりする方は要注意!!

hj.PNG

歯を食いしばってしまう原因は!?

大きく分けて物理的要因と精神的要因がある

物理的要因の場合は、かみ合わせの悪さが影響しています。

精神的要因の場合は、ストレスや精神的な緊張から、無意識に歯を食いしばってしまうというものです。

作業に集中しすぎたり精神的に緊張すると、自律神経のひとつの「交感神経」が過剰にはたらくことで噛む筋肉が緊張し、歯を食いしばってしまいます。

日常の中では、パソコン作業、ゲーム、車の運転などが原因になりやすいです。

仕事中など何かに集中している時や寝ている時などに歯をくいしばっている人がいます。普段何でも無いときに噛んでしまっている人は一般的に咬む筋肉が発達し、えらが張った四角い顔をしています。

女性で小顔になりたい人は噛まないことが近道です。余計なときに噛むことは歯を早くすり減らし、歯を支える骨も悪くしてしまい歯槽膿漏を進行させてしまいます。

出典 http://hawaiikai.jp

ストレスには大きく2種類

肉体的ストレスと精神的ストレスです。

肉体的ストレスとは、過労、栄養不足、睡眠不足などがあげられます。
この中で一番気づきづらいのが栄養不足です。

過労や睡眠不足は自分自身認識しやすいですが、栄養不足はあまり目立った信号がでないため、認識しづらくなります。

人体は約60兆個の細胞によって造られていますが、この細胞1つ1つに栄養が
通った状態でないと栄養不足によるストレスが発生し、自分が気づかない間に、
それがアゴの筋肉の緊張としてあらわれることがあります。

出典 http://ago118.com

対処・改善するには・・・!?

枕を低くする

高い枕を使っているという方は、枕を低くするだけでも、
顎や首周辺にかかる負担を軽減することができるそうです。

また横向きで寝るクセのある人は歯を食いしばり易いそうです。

フェイスタオルを3つ折にしたタオル枕を利用することでそのクセを
軽減できるそうですよ。

出典 http://www.savethewatashi.com

無意識下の夜間の食いしばりにはマウスピース

日中は歯ぎしりを自分でコントロールすることができますが、就寝時は無意識に歯ぎしりや食いしばりを行ってしまい、自分でコントロールすることができないため、マウスピースを着用するタイミングは夜寝るタイミングがベスト

出典 http://haisha-yoyaku-blog.jp

マウスピースは歯医者でも市販でも購入

childrenssleep160301-banner.jpg

仰向けで寝る

原因は寝る体勢の悪さ。睡眠中に無理な格好をとっていると、不快感に無意識のうちに歯を食いしばり、全身に余計な力が入って上手く体を休ませることができません。

人間が最もリラックスするのは、仰向けになって立っているときと同じような背骨の形をキープする体勢。横向きもNGです。寝返りを打てば同じなんだからなどと言わず、寝る前には仰向けになることを意識しましょう。

出典 http://platt1.jp

顎に負担をかけない生活

歯を食いしばるスポーツ、管楽器の演奏、口を大きく開ける発声練習などにも注意。
頬杖をつかない、食べ物は両奥歯で噛む、など顎に負担をかけないようにする。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

全身運動

ウォーキングや水泳などの全身運動をする。
基礎体力の維持や全身の血行をよくする他に、
気分転換やストレス解消の効果もある。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

マッサージでほぐす

顔のコリや顎をマッサージし、食いしばりによって硬くなってしまった筋肉をほぐそう。ただし、痛みがある場合は炎症を悪化させてしまうこともあるのでNG!

両手で左右の頬やこめかみに触れ、奥歯をぐっと噛みしめた時に動く部分をマッサージ。指で小さな円を描くように、1回1分以内、1日10回程度グルグルとほぐそう。

出典 http://www.narakko.com

step4_ma.jpg

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ

【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)