banner1_35495.gif

+8.5歳も老けて見られる! 「パサパサ、ゴワゴワ髪」髪質が大きく関わっている

ヘアケア・育毛

+8.5歳も老けて見られる! 「パサパサ、ゴワゴワ髪」髪質が大きく関わっている
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

見た目で8.5歳の年齢差!ツヤ無し髪の後ろ姿は、+8.5歳も老けて見られる!

29歳の女性の髪を、ツヤのない状態と、ツヤのある状態にして、後ろ姿を撮影したそれぞれの写真を見せ、想定年齢を答えてもらったところ、ツヤのない状態の髪の写真では平均回答年齢が35.3歳だったのに対して、ツヤのある髪の状態の写真では、26.8歳となり、実に8.5歳の年齢差が出た。
(※ちなみに2枚の写真の女性は同一人物)

この結果は男性でも女性でもまったく同様の結果となったことから、女性目線でも男性目線でも、髪のツヤの状態は見た目の年齢に大きく影響を与えることがわかった。

出典 http://times-current.co.jp

髪も滑らかでツヤがある赤ちゃんの状態をどれだけ保てているかで印象が大きく左右されるということです。カラーリングやパーマなどが当たり前になっている現在、髪のツヤで見た目年齢に大きく差をつけることもできます。

出典 http://times-current.co.jp

市販のシャンプーはとにかく洗浄力が強い

頭を砂で洗っているイメージをして下さい。髪や頭皮が砂とこすれて痛みそうですよね?キューティクルは剥がれ、頭皮も傷だらけになりそうです。

市販のシャンプーの洗浄力とはそれくらいのレベルです。

また過度のシリコンによりベタベタにもなります。傷つけてさらにベタベタ。これでは髪が痛みパサパサになっていっても仕方ありませんね。

シャンプーやトリートメント選びはそれほど大事という事です。

出典 http://t18stellamaris.com

毎日使うシャンプー選びって大切

髪がパサパサになる原因

kami_kouzou.jpg

この図は髪の毛を横に切った場合の断面図です。
髪の大部分はコルテックスと呼ばれるたんぱく質でできていて、ここに水分が貯められています。
一番外側はキューティクルと呼ばれる薄い膜で覆われています。

キューティクルは水分が外に逃げないようにする働きがあるのですが、ダメージを受けてキューティクルが剥がれると、水分が外に逃げていってしまいます
これが乾燥してパサつく一つの原因です。

また、このような髪はタンパク質も流れ出してしまい、細い髪質になりがちです。

キューティクルにダメージを与えてしまう原因は始めにご紹介した間違ったお手入れが原因となっています。

出典 http://bikami-megami.com


自然乾燥はNG

髪が濡れている状態が続くと、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌は、ニオイやかゆみの元です。髪を乾かさないままで寝ると、髪だけでなく枕にも水分が移ってしまい、雑菌が繁殖してしまいます。

出典 http://www.atama-bijin.jp

自然乾燥にしてしまうと、水分が必要以上に蒸発してしまったり、
濡れた髪は摩擦でのダメージを受けやすく乾燥や広がりの原因になります。

暑くてもドライヤーをすることを忘れないようにしましょう。
お風呂上りはタオルでゴシゴシ髪をこすらず、
タオルで水分をふき取るようにしましょう。

出典 http://lier.jp

ドライヤーにもコツが必要

ドライヤーの風は同じ部分ばかりに風が当たると、過剰な水分の蒸発を招き、
髪と頭皮を傷めてしまうリスクがあるため、頭髪全体にまんべんなく当てるように
心掛けて乾かします。

湿度の高い場所は避ける
ドライヤーは出来るだけ乾きやすい場所で行いましょう。
たとえば、バスルームや洗面所といった、蒸気が充満して湿度が高い場所は
髪の毛も乾きにくいため避けましょう。

出典 http://scalp-shampoo.biz

bhd.jpg

現役ヘアモデルも愛用【おすすめ】ヒートケア60低温ドライヤー

ヘアモデル用に開発された髪に優しいドライヤーを一般向けに改良しました。

高熱のヘアドライヤーは髪がヤケドしてまう事があり、
パサつきの原因となっていました。

そこで髪に熱ダメージを与えないよう、徹底的に研究・改良されたのが「
ヒートケア60低温ドライヤー」です。
60度の低温度設定で、髪ヤケドを防ぎます。


低温なのに速乾性が非常に高い

低温トリートメントドライヤーの機能でもっとも気になるのが速乾性。

通常のドライヤーが「100℃~120℃」の温風で乾かすのに対して、約半分の「60℃」の温風で髪を乾かすので「髪が乾くのに時間が掛かるんじゃないの?」という疑問が浮かんできます。

しかし、この低温トリートメントドライヤーは速乾性もしっかりと考えられて造られているようです。

公式サイトに記載されていますが、従来の高出力ドライヤーで乾かすのに「8分57秒」の時間が掛かった髪が、低温トリートメントドライヤーでは「6分33秒」で乾かすことができます。

出典 http://dryer-osusume.jugem.jp

低温トリートメントドライヤーのメリットまとめ

・髪へのダメージが少ない

・短時間で髪を乾かせる

・マイナスイオンで髪・サラサラ

・プロの仕上がりを実現

・電気代節約で経済的

・温度がわかりやすい

・軽くて腕が疲れない

髪にやさしく、髪を乾かしたあともサラサラと手触りもよい感じです。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ

【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)