目覚めのための朝のコーヒーは実は逆効果!? NGのその訳は・・・!?

健康・美容

目覚めのための朝のコーヒーは実は逆効果!? NGのその訳は・・・!?
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

アメリカの学者の研究:朝のコーヒーにはカフェイン効果がない

脳の覚醒を促す働きがある「コルチゾール」

アメリカの神経科学者Steven Miller氏によると、脳が覚醒する朝にカフェインの入ったコーヒーを飲むことで、コルチゾールのというホルモンの分泌が減ってしまうのだそうです。

出典 http://herutuku.jp

カフェインが効かない体に…?

コルチゾールというのは脳の覚醒を促す働きがあり、朝の8時から9時が分泌のピークなので、その時間にコーヒーを飲むと、カフェイン耐性ができてしまい、より多くのカフェインを飲まないと効果が出ないということになってしまうとか。

出典 http://herutuku.jp

カフェインの過剰摂取にも繋がる

コーヒーを飲むならいつ!?

コルチゾールが高くない時間帯、朝10時から正午にかけて、また午後二時から午後五時にかけて、がコーヒーやカフェインを摂取するのに良い時間帯だと言えます。

出典 http://allabout.co.jp

カフェインと胃酸の関係による症状

朝は前日の夕食から時間が経過していることもあり、胃の中が空になっています。そこにいきなりコーヒーを流し込むと、カフェインが脳の迷走神経を刺激して胃酸を分泌させます。そうなると、胃痛・腹痛や吐き気、はたまた下痢の原因になってしまうことも。

出典 http://welq.jp

血糖値上がる=太る

朝は胃の中が空っぽの状態です。コーヒーに含まれるカフェインには、「アドレナリン」の分泌を促す作用があります。
アドレナリンは、血糖値を下げる働きのあるインスリンの分泌をブロック。つまり、本来血糖値を下げる役割のインスリンの量が少なくなり、血糖値を上げてしまうんです。
結果、脂肪をうまく分解しきれなかったインスリンが体の中に溜まっていき、
太りやすい体質になりかねません。

出典 http://macaro-ni.jp

起きてから1時間くらい経てば、体のエネルギーも安定するので、コーヒーを飲んでも大丈夫。

出典 http://news.livedoor.com

「寝る前のコーヒー」はメラトニン分泌の乱れにつながる

コーヒーに含まれているカフェインは人間の体内時計に影響します。体内時計は脂肪、筋肉、肝臓、脳などにある全身の細胞と関わりあっており、そのリズムに乱れが生じれば身体の機能が正常に働かないといった悪影響を及ぼします。

出典 http://fuminners.jp

1
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

アルガトリウム.PNG



タグ

月別アーカイブ

アルガトリウム.PNG
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)