『怒り』のメカニズムと『脳内ホルモン』・怒りをコントロールする!!

心理・心の癒し

『怒り』のメカニズムと『脳内ホルモン』・怒りをコントロールする!!
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

「怒りのホルモン」

ノルアドレナリンは神経伝達物質の一種で、交感神経を活性化するホルモンです。

ノルアドレナリンが分泌されると、身体的な反応は
末梢血管を収縮し、血圧を上昇させたり、心臓の働きを活発にし、
心拍出量を増加させるなどの作用があります。

精神的な反応は、意識が覚醒しも集中力が高まったり、気持ちが興奮し高揚感が
高まれます。
また怒りとともに不安も高まります。

逆にノルアドレナリンが不足すると、意欲ややる気が低下したり、無力感、
集中力が欠け、判断力が低下したりといった状態になります。

ノルアドレナリンは血圧や血糖をあげる作用があるため、過剰状態が続いてしまうと高血圧や糖尿病の要因になる可能性があります。

ノルアドレナリンは、たとえば誰かと喧嘩をする時や、スポーツで誰かと競うときなどに、闘争心を引き立ててくれるものでもあります。

ノルアドレナリンは、困難に逃げずに立ち向かわなければいけない時に多く分泌されることで、その人を緊張状態にしたり不安な状態にしますが、それによって集中力を高めたりして、困難に立ち向かおうとするのです。

出典 http://menzine.jp

出典 http://www.autismspeaks.org

人の感情は脳内物質の種類と量によって決まる!

ノルアドレナリンにより怒りの信号が送られても、
セロトニンが放出されることで怒りを抑制することができます。

セロトニンの量が不足するとブレーキが効かなくなってしまい
怒りスイッチ全開になります。

ノルアドレナリンの過剰分泌

ノルアドレナリンが過度に分泌されると、不安やイライラの増幅、攻撃性、恐怖感、落ち着きのなさ等ネガティブな傾向が現れます。

深刻なストレス状況にある場合にはそのストレスによる相乗効果により、ノルアドレナリンの過剰分泌を促進し、常にイライラしている状態が続く可能性があります。

出典 http://xn--adhd-830gk6o.top

ノルアドレナリンの過剰分泌は、減少や枯渇へと転じる可能性を生み、減少・枯渇の状態となると、普段は気にならないレベルの音やにおい等些細なことも気になり、キレやすくなる、恐怖、自殺観念、脅迫観念、不安感等のネガティブな感情に支配される等の状態になります。

出典 http://xn--adhd-830gk6o.top

ノルアドレナリンが過剰に放出されると、ナチュラルハイ(躁状態)・意味なき怒り・血圧上昇・血糖上昇につながってしまいます。

不足すると、無気力・無関心・意欲低下・判断力低下・寝過ぎなど、うつ状態に陥ってしまいます。

出典 http://ure.pia.co.jp

出典 http://cdn.playbuzz.com

なぜ理性が効かずキレるスイッチが入る?

感情は最終的に、大脳新皮質のグルタミン酸とギャバという物質によってコントロールされています。

● グルタミン酸
本能的な感情を表に出す興奮性伝達物質

● ギャバ
本能的な感情を抑制する抑制性伝達物質


通常、グルタミン酸とギャバは決まった割合で放出され、理性が保たれている。

ところが、怒りを解消せず、溜め込んでいるところへ新たな怒りがプラスされると、我慢させるギャバの割合が増加。

怒りの感情は、より圧迫された状態で封じ込められる。

そして我慢に我慢を重ね、もう封じ込められないほど怒りが圧迫された瞬間、理性の壁を突破。

本能的感情が表に溢れ出してしまう。
また、抑制された感情が強ければ強いほど、反動としての怒りは大きくなる。

出典 http://blog.livedoor.jp

出典 http://www.afterdeployment.dcoe.mil

性格を作る「ノルアドレナリン」

些細なことで怒りやすい人は、ノルアドレナリンのバランスが原因!!
ノルアドレナリンのバランスがとれている人は性格的に安定している 状態になります。

ノルアドレナリン をコントロールする

セロトニンはノルアドレナリンとドーパミンの過剰分泌を抑えてバランスをとるコントローラーとしての機能があります。

セロトニンを増やし、ノルアドレナリンの働きを正常に保つためには、適度な運動、充分な睡眠、趣味など夢中になれる対象を見つけ没頭する…等が重要です。

出典 http://xn--adhd-830gk6o.top


セロトニンを増やす食品とは?

心の状態を穏やかに保ち、ストレスを減らす働きのあるホルモン「セロトニン」。セロトニンは、太陽の光を浴びたり、リズミカルな全身運動や呼吸、咀嚼運動などをすることで、増えることが知られています。

出典 http://www.skincare-univ.com

セロトニンを増やすのに欠かすことのできない成分がトリプトファンです。
トリプトファンには、脳に運ばれるとセロトニンを生成する働きがあるため、セロトニンを増やしたい場合はトリプトファンを多く含む食品を摂取することが必要になってきます。

出典 http://www.skincare-univ.com

出典 http://t1.uccdn.com

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品や、豆腐・納豆・しょうゆ・味噌などの大豆製品。
さらに、カツオ・マグロなどの魚類、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などにも多く含まれています。

出典 http://www.skincare-univ.com

トリプトファンは体内で合成することができないため、
できれば毎日食べ物から摂取することが大切です。

1
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

アルガトリウム.PNG
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)