健康だけじゃない!! 脳の活性化には「ウォーキング」 が効果的!!

日常の習慣

健康だけじゃない!! 脳の活性化には「ウォーキング」 が効果的!!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ウォーキングで脳活性化!

ウォーキングをすること健康に良いことは知られていますが、
健康だけではなく、脳を活性化し、記憶力や思考力を高めてくれるのです。

ウォーキングは下半身を主に動かし<足が伸びたり縮んだりという
運動を繰り返していますが、これかせポンプの役割りをはたしており、
下半身に溜まった血液を、心臓へ強く送り返します。

全身の血液循環が活発になり、新鮮な酸素が身体の隅々まで
行きわたることで脳が活性化されていくのです。

脳の前頭葉に酸素が送り込まれると注意力や思考力、
意欲などが13%上昇することが研究で証明されています。

歩くことで神経細胞が脳に直接伝わり、脳は活性化

2011年にはピッツバーグ大学研究チームが、有酸素運動を続けた場合、そうでない場合と比べて海馬が約2%大きくなっているという論文を発表しました。科学的に見て、運動は記憶力をアップさせるのです。

出典 http://healthcare.itmedia.co.jp

出典 http://www.isabelsmithnutrition.com

たくさん取り入れた酸素が体全体に行き渡り、さらに足の裏から
の刺激により脳が活性化されてその働きが活発になります。
頭がすっきりしてきて記憶力や集中力、理解力など頭の回転がよくなると
言われています。

出典 http://www.walking-guide.com

一定の速度で20分以上歩くと快楽ホルモンが分泌される!

20分で興奮系の快楽ホルモンである『ドーパミン』が分泌され、
40分でリラックス系の快楽ホルモン『セロトニン』が分泌されます。

別名幸せホルモンとも呼ばれるもので、
体調や気分をコントロールする脳内物質です。

歩き始めて20分ぐらいすると、ドーパミンやベータエンドルフィンが分泌されます。
歩き始めて40分では、セロトニンというホルモンが分泌し始めます。

脳からセロトニンという物質が分泌されて、爽快感を生み出すのだが、規則正しい歩行運動はセロトニンの分泌をさらに促す。セロトニンは爽快感を生み出すだけでなく、不安感を消して、愛の感情も生み出す。小鳥のさえずりなどが愛らしく耳に響くのである。

出典 http://www.kigyoujitsumu.jp

sg.PNG

出典 http://www.midbrainpower.in

ウォーキングで脳の司令塔、前頭葉が活性化

イリノイ大学のアーサー・クレイマー博士によると、ウォーキングをすると脳の前頭葉が活発になることを発表しました。又、アルツハイマー協会も一日30分の散歩を推奨しています。脳科学ではウォーキングと脳の関係はすでに密接だという常識となっています。ウォーキングの際には立ち止まって野の花に触る等、五感を働かせると頭頂葉を刺激することが出来、前頭葉だけでなく脳の広域を刺激します。脳がどんどん刺激され、老化防止になります。

出典 http://blog.goo.ne.jp

人は歩くことによって神経細胞が脳に直接伝わり、脳は活性化

出典 http://wellnessforlife.com.sg

運動をしている人ほど過度の不安感やストレスに対する耐性が強い

GABAという物質をご存じでしょうか? ギャバ・ストレス研究センターによれば、この物質は不安やストレスを抑制する「抗ストレス作用」があるとされています。

 2013年に米『Journal of Neuroscience』誌に発表された論文によれば、運動をしているマウスはそうでないマウスよりもGABAの放出量が多いのだそうです。つまり運動をしている人ほど過度の不安感やストレスに対する耐性が強い、というわけ。

出典 http://healthcare.itmedia.co.jp


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)