更年期障害の原因と症状 ~更年期の不安解消~

更年期障害

更年期障害の原因と症状 ~更年期の不安解消~
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

更年期っていつ?

日本人の平均閉経年齢は51歳

閉経をはさんだ前後約10年間が、いわゆる更年期になります。

更年期といっても個人差はありますが、女性ホルモンの分泌が減少し、
閉経を迎える前後のことで、年齢的には性成熟期から生殖不能期への
移行期(45~55歳)にあたります。

出典 http://www.womenjapan.com

更年期障害はこの女性ホルモンの減少に身体がついていけずに、
身体的、精神的がアンバランになることであり、
自律神経失調症のひとつです。

40代に入ると少しずつ今までとは違った身体の変化に不安感を感じられる
方もいますが、この更年期のひとつのサインとして生理不順が起こります。

月経周期の乱れや短縮が起きて月経回数が減少していき、
人によっては不規則になる、閉経の兆候があります。

ただ個人差があり、普通にあった月経が、
いきなり完全に閉経してしまうケースもあります。

更年期に生理が1年以上ない場合、閉経したと診断されます。

出典 http://images.medicinenet.com

生理の周期が不順に・・・

生理の周期が不順になるということは、
女性ホルモンの分泌も減少しています。

女性ホルモンのプロゲステロンが減少するため、基礎体温にも変化があり、
高温期が徐々に短くなってきます。

更年期で閉経が迫っているかどうかは、基礎体温もひとつの目安になります。

更年期になり女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が減少 脳は卵胞刺激ホルモンを分泌し、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」を分泌するように促します。

エストロゲンの減少<卵胞刺激ホルモンの増加 =ホルモンのアンバランス

エストロゲン(卵胞ホルモン)の働き

・排卵、月経を起こし妊娠に必要な子宮の環境を整える。
・女性らしい体を作る。
・皮膚や骨の健康、感情、自律神経の働きにも関与する。

更年期を迎えたからと言って、すべての人が更年期障害になるわけではありません。
日常生活にまで影響を及ぼす場合を更年期障害とよび治療を必要としています。

最近では、中高年の更年期障害だけではなく、20代、30代でも
更年期の症状を訴える若年性更年期障害の方も増えてきているそうです。

ただこの場合は、日常の生活改善を見直し、改善していきましょう。

出典 http://www.aska-pharma.co.jp

【更年期障害の主な症状】

出典 http://www.kobayashi.co.jp

・イライラや物忘れがひどくなる

・頭痛やめまい

・腹痛、腰痛

・のぼせやほてり

・顔が熱くなるホットフラッシュ

・不眠

・うつ状態・不安感

・動悸、息切れ

・肩こり

・全身に疲労感

・気分の落ち込み     など

出典 http://web.myclinic.ne.jp

若年性更年期障害

20代や30代の若い年代から、更年期症状が現れる
「若年性更年期障害(プレ更年期)」が増えてきているようです。

ストレスが加わると、自律神経の働きも混乱してホルモンバランスも乱れ、さまざまな症状が出てくるのです。
そういう意味では、自律神経失調症も更年期障害も同じなのですが、その原因としてエストロゲン、つまり女性ホルモンの欠乏や不足があるかどうかが、大きな違いといえます。

出典 http://www.jfpa.info

更年期障害に年齢は関係ありません。比較的若くても発症してしまう可能性があるのが、若年性更年期障害なのです。

更年期障害の原因は、ホルモン分泌を行う卵巣機能の低下です。一般的には、閉経期に卵巣の機能が低下し、いくら脳が指令を出しても女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が行われないという混乱から生じるものです。

出典 http://nurse-web.jp

若年性更年期障害と更年期障害の違いは!?

若年性更年期障害ではどうでしょうか。若年性更年期障害は、更年期とは根本が違います。
基本的に卵巣の機能が完全に低下しているわけではなく、改善する見込みがあるのです。

出典 http://nurse-web.jp


1
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

アルガトリウム.PNG



タグ

月別アーカイブ

アルガトリウム.PNG
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)