平気で「人を傷つける人」は自分が一番傷ついている人(-

心理・心の癒し

平気で「人を傷つける人」は自分が一番傷ついている人(-
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

わざわざ気付いていながら人の傷つくことを言ったり、意地悪なことを言ったり、
きつい言葉を投げかける人っていますよね。

人を傷つけることはよくない事と分かっていれば、言葉に気をつけることができますが、受取り方も様々なので、傷つけるつもりで言っていなくても、傷つけている場合もあります。

ただ中には意図的に人に対して傷つける言葉を発している場合もあり、周りにいると傷ついちゃいますよね。
人を変えることはできませんので、まずは理解をするために傷つける人の心理をご紹介していきます。

虐待によって危険な状態にある14歳以上の846人の子どもを調査したところ、最も多かったのが心理的な虐待。相手に恥をかかせたり、コントロールしようとするケースが多く、被害者は自信を失い恐怖さえも感じるようになるのです。

出典 http://tabi-labo.com

出典 http://img.tabi-labo.com

◆暴言を吐く人

暴言には、”高ぶった感情を解放し、さらに感情表現が豊かになり、自尊心を満たす”効果がありました。

暴言を吐く人の特徴は、”暴言を常に吐いているような人の知能指数は低かったのだが、ここぞという場所で使う人の知能指数は、これまで考えられていた以上に高かった”とのことでした。

普段から暴言を吐く人は、頭が悪いので注意してください。かかわってしまうと、次はあなたがターゲットにされるかもしれません。

出典 http://recolog.jp-unite.com

英スタフォードシャー州、キール大学心理学部の学者の研究。

「無礼なだけだと思われていた”暴言(口汚い言葉をいう、悪態をつくこと)”は人の高ぶった感情を解放し、さらに感情表現が豊かになり、自尊心を満たすために大切な役割を果たしている。」という研究結果を報告!

他人を傷つける心理

◆プライドが高い

プライドが高い人は、よく他人と自分を比べて、自分がより優れている人間だと思い込もうとします。他人より優秀だと認められることで、自分が少しでも信じられるようになるからです。しかし本当の自信は、それだけでは手に入りません。

愛されるという経験が、無条件の自信には必須だからです。

出典 http://woman.mynavi.jp

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

子どもの頃の環境にあり、厳しく親に怒られたり、否定されたりすると自信をなくしてしまいます。
自分にも厳しいですが、他人にも厳しく批判的になる傾向があります。
自分のことをありのまま受け入れることができない状態で、本人も苦しんでいます。
あまりにも批判的な人の場合は、言葉そのままを受取らずに、この人自身が自分自身に言っている言葉なんだなと理解することで、傷つくことから離れることができますよ。

出典 http://www.onefleshmarriage.com

◆人を傷つける人は、自分が傷ついてる

人は、自分がされたことを、他の人にしてしまうのです。
愛されて育つと、愛すことが当たり前になりますが、
愛されていないと思って育った場合は、愛を知りません!

人から思い遣りを持って優しくされている人は、人に対しても優しくすることができ、またそれを優しいとも思わず当たり前にするのです。
人から厳しくされると、これもまた人に対して厳しくしてしまいます。

今迄の環境の中で受取ってきたことが、また与えていくことになります。

子ども時代の家庭環境で傷ついている人は、傷つくことが当たりまえになっているので、人に対しても傷つけていると意識さえない場合もあります。

自分が傷ついている状態では、自分を大切にできなく、また人に対しても大切にできません。
怒鳴ったり、意地悪をしている人がいると、深く傷ついているので、その人自身に変わって欲しいと思ってもムダになります。

自分自身が人のことを理解すること!! 人間的成長のチャンス!!と思って、暖かく理解してみると、相手の言葉そのものを受取らなくなります。

その人自身の中にある、『深く傷ついた心の叫び』なんだなと、客観的に見ていきましょう。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)