人と比べてしまう心理「優越感コンプレックス」

心理・心の癒し

人と比べてしまう心理「優越感コンプレックス」
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

他人と自分を比べて「優越感」「劣等感」を感じるようになる

劣等感を感じるから 優越感を感じ、
優越感を感じるから 劣等感を感じます。

対象を対等に見ることができずに、
他の人を基準にして、 自分がその人より上か下かで
自分の価値を測ろうとするのです。


優越感と劣等感は、“自尊の欠如”から起こる連鎖反応になり、
表裏一体の関係なのです。

◆見せかけの優越感に浸る「優越感コンプレックス」

自分に自信がある人は優越感に浸りやすく、
自分に自信がない人は劣等感に陥りやすい傾向になります。

ただ、優越感が強い人ほど、劣等感も強くなるのです。

出典 http://jeffshore.com

◆常に誰かや他の状況と自分を比べてしまう


無意識に常に他人の目を意識して物事を判断しているので、
優越感、劣等感という感覚を感じます。

「認めて欲しい!」

「褒めて欲しい!」という心の叫びなのです。

◆他人に対して上から目線・人を見下す人

強烈な「劣等感」を抱いている状態で、
「優越コンプレックス」と呼びます。
「ありのままの自分」を受け入れられず、他人より優れていることを誇示することでしか
自分の存在を認められない状態になっているのです。

心理的に劣等感を常に感じている人は、他人に対して心理的に優越感を感じたいと思っていますので、自分より下と感じた人

に対して、心理的に見下したような態度を取る事が多いです。

出典 http://careerpark.jp

出典 http://unklt.files.wordpress.com

◆自分は平均より優れているという心理学的錯覚「優越の錯覚」

「自分はどれくらい平均より優れているか」を調査したところ、平均より20%強ほど(偏差?)自分は優れているという結

果が出たそうです。なんか、20%強というのが慎ましいというか、優越ってその程度、って感じです。
抑鬱状態、絶望感の薄い人ほど優越感を覚えるそう

出典 http://www.ureagnak.com

◆幼少期の頃の環境

幼いころから、両親、祖父母、学校の先生など日常に関わる大人たちから
「あなたは悪い子」「あなたはなんて馬鹿なの」などと
否定的な言葉を言われて育ってしまうと、劣等感を持ってしまいます。

大人になってもその言葉を信じているので、自分はダメだと思って自然に劣等感の
強い人になってしまいます。

また兄弟で比べながら育つと、劣等感を持ちやすい傾向があります。

◆『人は人、自分は自分』

『人と比べる』というのは、思考パターンの癖の一つ

人それぞれ持っている思考パターンは違いますが、
『人と比べる』に限らず
あまりいい結果を生まないからやめたいと思っても
思考パターンを変えられない理由は、

なぜ、自分はその思考パターンを持っているか、
その理由を知らないからです。

出典 http://worldlovestandard.com

出典 http://www.diplomaticourier.com

◆人を見下す人のいい対処法

人を見下す人というのは、100%なんらかの理由で心理的に心が満たされていない状態にあるだけです。
なので心理的に常に不安な状態であり、安心したいと思っている人が大半ですので、そういった心理的に人を見下す人の言う

事を相手にしてはいけません。

また、逆に人を見下す人を責めてもいけません。人を見下す人というのは心理的に今、苦しい状態なのを分かって欲しいだけ

ということもあります。

出典 http://careerpark.jp

1
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

関連記事

ピックアップ!

アルガトリウム.PNG



タグ

月別アーカイブ

アルガトリウム.PNG
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)