ストレスが溜まると、どうなる!? どうなってる!?

心理・心の癒し

ストレスが溜まると、どうなる!? どうなってる!?
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

ストレスって!?

生物学的には、何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態を意味します。

処理されない感情が心の中に溜まってしまっている状態!!

◆物質的ストレス

高温や低温による刺激、放射線や騒音による刺激、振動、湿度

生活上の大きな変化(環境の変化)引越し、転校、転勤など

◆化学的ストレス

酸素の欠乏、過剰、薬害、ダイオキシン、光化学スモッグなど

◆生理的ストレス

疲労、病原菌の侵入、睡眠不足、性的障害、身体疾患など

◆精神的ストレス

家族、地域社会、職場、友人、学校、人間関係、配偶者、恋人など
心で感じるもの

出典 http://adrenalfatiguesolution.com

ストレスがまったくない部屋で過ごすと・・・

これも危険なのです!!

◆体温調節機能の低下

気温の変化に合わせ、汗をだしたり、鳥肌をたてたりして体温の調整する働きが鈍くなります。

◆暗示にかかりやすくなる

何か支持されると、間違った指示であろうとそれら従ってしまう。

◆幻覚、妄想

刺激(ストレス)から隔離してマインドコントロールし、社会的に問題になった例も多くあります。

身体と心のバランスを保つためには、適度なストレスが必要

ストレスは人を成長させる

出典 http://giftstotheearth.com

◆病は気から◆

精神的なストレスは免疫力を低下させる原因に


+・・・免疫力⇒外部から侵入してきた病原菌を撃退⇒健康状態を保つ

-・・・免疫力低下⇒外的を撃退できない⇒病気になる

出典 http://genki-go.com

◆自律神経のバランスの乱れ◆

自立神経・・私たちの意思とは別に、呼吸、体温、内臓などの働きを調整している神経

【交感神経】
活性化、興奮
アドレナリン分泌

【副交感神経】
リラックス
ノルアドレナリン分泌
過度の場合は、アセチルコリン分泌

※「アセチルコリン」分泌は、リンパ球の数を増加させます。
 リンパ球は、細菌や癌細胞を攻撃するNK細胞などがありますが、過度に働き
 過ぎることによって、がん細胞などの異物だけでなく、正常な細胞も攻撃して
 しまう。

出典 http://health.suntory.co.jp

バランスが大切♪

15個の質問に答えるだけで分かる自律神経失調症チェック

1.めまいや立ちくらみ、耳鳴りをよくおこす
2.^胸が締めつけられる、ザワザワするような感じがする
3.心臓の鼓動が早くなった気がする
4.急に息苦しくなるときがある
5.暑い日でも手足が冷えるときがある
6.食欲がない、もしくは胸やけすることが多い
7.下痢や便秘が多い
8.肩こり、腰痛がいつも辛い
9.手足に倦怠感(ダルさ)がある
10.顔だけ、もしくは手足だけ汗をよくかく
11.よく寝ても疲労を感じる
12.気候の変化に弱い、もしくは敏感
13.太陽や電灯の光がまぶしく感じる時がある
14.咳がよくでる
15.食べ物を飲み込むのが辛い時がある
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15個の質問の合計点を見てみましょう。
0~1点…自律神経のバランスは正常のようです。
2~3点…自律神経に少し負担がかかっている可能性があります。
4~6点…もしかすると自律神経失調症になりかけているかもしれません。
7点以上…自律神経失調症の可能性が高いです、
     医師などの専門家に相談しましょう。

◆0~1点の人は…
自律神経が正常に働いていると思われます。栄養バランスのとれた食事を心がけ、なるべくストレスをためないよう心がけてください。

◆2~6点の人は…
人によって程度は異なりますが、自律神経に負担がかかっている状態です。自分自身がリラックスできる時間をつくってください。ストレスや疲れを軽減させ、気持ちを落ち着かせる効果が期待できる、アミノ酸が含まれた食品をとることをお勧めします。

出典 http://www.curemdysautonomia.net

1
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

アルガトリウム.PNG



タグ

月別アーカイブ

アルガトリウム.PNG
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)