子どもの脳の発達には「パンvsご飯」どっちの朝食が理想!?

健康・美容

子どもの脳の発達には「パンvsご飯」どっちの朝食が理想!?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

◆朝食は成績に関係する

朝ごはんを食べている子どもは各科で成績が良いのです

出典 http://www.glico.co.jp

◆朝食ぬきは!?

「朝ごはんをまったく食べないと午前中に何が起こるか? 『やる気がなくなる』『体温が上がらない』など、心身ともに動かない状態になります。同じ人が朝食を食べた場合と食べない場合とを比較すると、おおむね午前中の能力に1~2割の差が出ることがわかっています。

午前中の授業は4時間もありますが、大事な1日の3分の2の授業を、本来の自分の能力の1~2割ころした状態で受けなければならない。これは大きなハンディキャップとなります」

出典 http://ure.pia.co.jp

出典 http://www.karada-aging.jp

朝食は食べるべき!!

◆パン食は脳の発達を遅らせる!?

川島教授は仙台市の幼稚園児から大学生までを対象に、
朝食と脳の発達についての調査を行った結果、
朝食にパンよりご飯を食べている子の方が脳がよく発達していることが
分かりました。

◆生活習慣が脳の発達に関係!!

幼稚園児、小学生の差は大きくないが、
中学から大学になるとその差が明らかに開いてくるそうです。

◆ポイントは血糖値の上がり方

パンを食べた後は血糖値が急激にあがり、砂糖をなめているのと同じくらいになり、
血糖値の上がりやすい食品を多くとることで、身体や脳の発達に悪影響を及ぼすのです。

◆『おかず』がないのは食べていないのと同じ!?

「これまでは、朝ごはんを『食べる・食べない』の議論が中心でしたが、最近では朝ごはんの『質』に注目した研究が重視されるようになってきました。朝ごはんに、きちんと『おかず』も食べないと脳が働いてくれない、ということが明らかになってきたのです」
実は、ごはんだけ、パンだけを食べるのでは「朝食を食べないのと同じ」なんだそうです。

出典 http://ure.pia.co.jp

◆パン食であれば、全粒粉のパンにする


パン食なら精白された小麦粉で焼かれたパンよりも、
全粒粉で焼かれたパンの方が良く、
全粒粉のパンであれば、食後に血糖値が上がりにくくなります。

◆小麦が人体に与える影響

輸入される小麦に使用される農薬は数十倍

日本がアメリカから輸入している小麦は収穫量を増やすために、病気や日照り、そして高温に耐えるように品種改良したもので、大幅に形質転換された品種の小麦は、人工的な硝酸塩肥料や有害生物防除なしでは育だちません。

さらに、日本が輸入している小麦はカビが生えないよう、防腐剤が大量にふりかけられている場合が多く、このような輸入小麦がパン、ラーメン、パスタ、そしてお好み焼きなどに使われていると考えるだけでも、何となく食欲がなくなってきます。

出典 http://lrandcom.com

日本は小麦の9割は輸入に頼っています。栽培中の農薬はもちろん、輸入の際には殺虫剤・防かび剤などのポストハーベスト(収穫後に使用する農薬)が使用されるため、それによる危険性も見逃せません。このポストハーベスト農薬は、通常畑で使用される農薬の数十倍の濃度で使用されます。ポストハーベストの成分ですがOPP、TBZ、2.4-Dなどの薬品が使われていて、それらは発ガン性物質ですしそれ自体が劇薬でもあります。更に言うと、日本では危険なため認可されていない農薬も使用されています。なので農薬を散布する人は防毒マスクと保護服を着て仕事をしています。

出典 http://

小麦が人体に与える影響として、血糖値の大幅な上昇、病気や老化の原因となる糖化反応、神経障害、そして糖尿病など、体への悪影響!!





出典 http://stat.news.ameba.jp

朝食は、ご飯+おかずがベスト!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)