幼少期「語りかけ」をすればするほどIQが上がる

子育て・幼児教育

幼少期「語りかけ」をすればするほどIQが上がる
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

3歳までにたっぷり言葉を聞いた子どもは、親の語りかけが少なかった子どもに比べて、語彙力とIQが高く、成績が良くなります。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

いつからスタートすべき?

 出産予定日の10週間前からです。胎児は、母親の体内で反響する音を聴いて、言葉を吸収しはじめます。

出典 http://beautyhelty.whdbeauty.com

語りかけのコツ

 (1)子どもの言葉を言い換えて「くり返す」
「ボール! そうよ、○○ちゃんはボールで遊んでいるのね」

 (2)「前向きなフィードバック」を与える
「上手」「そうよ」をたくさん使い、「ダメ」「やめて」「下手」はなるべく言わない。

 (3)命令調ではなく「ていねいに頼む」
「~してくれる? 」「~できるかな? 」
 何かをしてくれたら、「まあ、ありがとう! 」と感謝。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

出典 http://3.bp.blogspot.com

話しかけられる回数が多い子どもは、脳が活性化する

米スタンフォード大学の研究により、「親が幼児に話しかける回数が多いほど、子どもの言語能力が発達する」ということが明らかになりました。

出典 http://oyako-gift.jp

とてもたくさん話し掛けているパパやママの場合は、「1時間あたり1,200語もの単語」を使っています。

これに対して仕事や家事が忙しくなかなか幼児を構ってあげられない家庭の場合は、「1時間あたりたったの67語」と少ない単語数になってしまうのです。

このような計測結果から分析すると、「親から直接話し掛けられた回数」と「子どもの言語能力の高さ」が大きく関係していることがわかりました。

出典 http://oyako-gift.jp

生まれてから5年間の子どもは、コミュニケーション能力と言語能力が大きく成長

生後半年を過ぎると、声などを使って意識的にコミュニケーションを行うようになり、この時期の経験や自信が1歳半以降の言語能力の成長に繋がるのです。

出典 http://oyako-gift.jp

専門家らによれば、生い立ちに恵まれない子どもの学業成績が良くない大きな理由も、この乳幼児期の話し掛けにあるという

出典 http://www.afpbb.com

出典 http://www.greatideasstarthere.com

耳から聞いた音を真似して、口にする

「言語習得」は、必ず「聞くこと」から始まります。
耳から聞いた音を真似して、口にする。
これが、言語発達の第一歩です。
言葉を聞いて、その音を自分の口で真似をして発音ができるようになり、コミュニケーション能力が発達します。
人の成長は、まず「聞く」から始まります。
親が子供のためにまずできることは、子供にたくさん話しかけることです。

出典 http://happylifestyle.com

生後18か月を過ぎた赤ちゃんは、5~20の言葉が話せるようになる

赤ちゃんが2歳を過ぎると、150~300もの単語を覚えられるようになるため、乳幼児期に「どのぐらい親から話し掛けられたか?」というポイントがこの時期に影響してくると考えて良いでしょう。パパやママとのコミュニケーションが多い赤ちゃんは、2~3歳という短期間で1,000以上もの単語を覚えられるようになります。

出典 http://www.rui.jp

出典 http://images.wisegeek.com

親子の絆が深まる

パパやママが赤ちゃんに向かって“話しかけ”を繰り返すことで、赤ちゃんは自分が構ってもらえているという安心感を抱きます。

また、パパやママ自身も赤ちゃんを介して言葉を交わすことで、夫婦間の関係を良好に保つことができます。

親と子ども双方にとって大切なコミュニケーションと言えるでしょう。

出典 http://papimami.jp

1
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

アルガトリウム.PNG



タグ

月別アーカイブ

アルガトリウム.PNG
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)