年を取ると頑固になる傾向が強いのは!?

心理・心の癒し

年を取ると頑固になる傾向が強いのは!?
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

頑固とは!?

かたくなで、なかなか自分の態度や考えを改めようとしないこと。

頑固は老化への入り口

出典 http://blog.emergentconsultants.com

子どもの頃は経験もなく色んなことを吸収しょうとするので、頭も柔らかい状態です。

しかし、年をとると若いころとは違って思考の柔軟さがなくなり、頑固になり人の意見に耳を貸さなくなってくる傾向にあります。

長く生きていると知識も増えて、過去の経験をもとに判断するにようになります。

また、今までの長く過ごしてきた人生を肯定したいという気持ちが強まることによって、より頑固になってきてしまいます。
過去を否定することによって、自分の人生も否定してしまうことになることが怖くなるのです。

自分の考えが間違っていると分かっても、かたくなに否定する!

人の話を聞かないと吸収力が極端に弱くなる

医学的な観点から見ると、脳の老化に伴い情報もインプットが難しくなっていきます。
新しい情報が、段々と入りにくくなっていくのです。

新しい情報を吸収するのは、私たちが思っている以上に脳は疲労します。
高齢者の方は、この脳の疲労を避けるために新しい情報を受け入れるのではなく、もともと持っている自分の意見を正しいと考える事があるそうです。

出典 http://koureisya-blog.info

歳をとればとるほど、前頭葉は使われなくなる

出典 http://rou5.biz

これは、熟練した作業では、頭をさほど使わなくなるからだ。

技術を身につけるときには、いちいち注意してやってたのに、慣れると考えなくても、きちんと作業ができてしまう。

これは「手続き記憶」といって、同じ作業を何度も繰り返すと、作業手順を脳が記憶するからだ。

そして覚えた作業手順通りに、脳が勝手に作業を進めてくれるからだ。

出典 http://rou5.biz

努力が身につき始めると、逆に前頭葉はあまり働かなくなる

「頑固」はボケの兆候の一つ

前頭葉は「感情・意欲を司る」

前頭葉が減少するということは、感情や意欲の低下につながり、
それが他の部分の老化も促進するという。

①やる気を出すこと、楽しめることはあるか?
②心の平静を保つ、いらいらしない
③落ち込まない
④記憶力を保つ
⑤年をとることを怖がらない

出典 http://www.k5.dion.ne.jp

斎藤一人『頑固な人が100回聞く話』

1
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

アルガトリウム.PNG



タグ

月別アーカイブ

アルガトリウム.PNG
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)