けっこうキツイ!言葉による虐待!

コミュニケーション・会話

けっこうキツイ!言葉による虐待!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

言葉ひとつで人は傷つける

何気なく暴言を吐いていて、言う本人は何も思っていなくても、
言われた方は一生引きずるくらいたった一言に傷ついて真剣に
悩んでいる場合がある。

相手の気持ちになって考えられない人たち

相手の気持ちを思うと、言えない言葉というのはあるはずですが、
面白半分で言った暴言や、何気ない言葉で相手を傷つけている。
自分が言われたらどう思うかを考えられない人たち。
また子供の頃に暴言を吐かれて育った場合は、それが当たり前になっているため、

その言葉がどれだけ相手を傷つけるかを考えていない。

言葉の暴力

出典 http://runthetrap.com

わざと傷つく言葉を言ってくる人たち

ネガティブな言葉のシャワーが降り注いでくるのを耐えてじっと我慢している状態

の辛さ、悔しさ、痛みなどが理解できない人たちは、わざと
傷つける言葉を言ったりします。
傷つける言葉を言うひとは、結局は自分自身が一番傷ついている人たちなのです。

言葉は人を傷つける刃物のようにもなり得る

一生引きずってしまう言葉があるとしたら・・・
簡単に発言できるだろうか!?
人の人生を苦しめるほどの影響力のある言葉は、
人生を苦しめるだけではなく、その後の選択すらも変えてしまう。

暴言をはく

出典 http://www.svri.org

存在否定とも捉えられる暴言は一生引きずる

言っている人は深く何も考えずに言葉を発している場合もありますが、
言葉を受取る側は、一生持ち続けてしまうくらいダメージを受けている
場合があります。

「悪い子だ」「ダメな子」「子供はいらなかった」「なさけない」
「何で生んだんだろう」「産まなければよかった」「できない」
「どんくさい」「男(女)の子が欲しかった」「バカじゃない」
などなど・・・たくさんの否定的な言葉は、人格を否定していると
受取られてしまい、深く傷ついています。

出典 http://img.webmd.com

言われた言葉が信念になっている

言われた言葉を信じ続け、その言葉が自分の信念になっています。
「できない」と言われて育つと、「わたしはできない」という
思いこみの自己イメージのまま大人になっていき、
勉強、仕事などに影響します。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)