吃音(どもり)は6週間あれば改善できる!

コミュニケーション・会話

 吃音(どもり)は6週間あれば改善できる!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

吃音(どもり)とは!?

言葉が円滑に話せないコミュニケーション障害の一つで、
言いたい言葉は頭では分かっていても、言葉がスムーズに出てきません。

意識すればするほど、強いストレスになり、吃音が起こってしまいます。

人前で話すとき、上司の前、初対面の人など特にストレスがかかってしまい、
話すことすら怖くなってしまいます。

言いたいことが伝わらないので更にストレスを抱えてしまいます。

(例)

◆「私は・・・」

吃音「わ、わ、わた、わたしは・・」

◆「ありがとう」

吃音「あ、あ、ありがとう」

と最初の言葉を連続して発音してしまいます。

吃音症の主な症状の分類

◆ 連発型(連声型)

「ありがとうございます」と言おうとしているのに「あ、あ、あ、ありがとうございます」と言ってしまうなど、最初の言葉を連続して発する状態。

◆ 伸発型

「あーーーりがとうございます」といったように最初の言葉を引き伸ばして発する状態。

◆ 難発型(無声型、無音型)

「ありがとうございます」と言うところを「あ‥‥‥」で止まってしまうなど、
始めの言葉がなかなか出ずに、その後の言葉が続かない状態。

吃音 原因 ストレス

出典 http://www-tc.pbs.org

吃音症の90%の方が発達性吃音

2~5歳の幼児期に発症し、7~8割が小学校に入学するまでに自然に
治ると言われています。

大人になってから発症する人は、獲得性吃音で、
脳卒中など脳の病気が原因となって起こる「獲得性神経原性吃音」と、
心的なストレスが要因で起こる「獲得性心因性吃音」があります。

吃音の原因は!?


・幼少期における虐待やしつけの厳しさ
・思い込み
・極度の精神的ストレスを受けた
・身近な人の話し方の癖を身につけてしまった


どもることを周りから指摘されたり、からかわれると更に心理的なダメージを受け緊張感や恐怖から言葉が出なくなってしまいます。

出典 http://www.stutteringhelp.org

吃音は改善できる!!

最短6週間、長くても3ヶ月


1日わずか20分程度のある簡単な(しかし特別な)
エクササイズをするだけで、吃音(どもり)を改善できてしまいます。

『言葉が出ない』は身体的な問題ではない

吃音の正体は、“人間の認識システム”です。

「私は吃音だ」「私はどもる」「私は言葉に障害を持っている」という認識が、結果的に脳に「どもれ」という命令を送り、そして現実にどもりを引き越していたのです。

人間の防衛本能(防衛機能)が作動

人によってはそのシグナルが、聴力に影響したり、視力に影響したり、腰痛と言う形で影響する人もいるし、頭痛という形で影響する人もいます。

そのシグナルのはけ口がたまたま“言葉”にでると吃音(どもり)になります。

間違った認識を書き換えるだけ!

悪い形で定着してしまった“認識”をぶち壊し、それに代わる新しい認識を、あなたの“脳に直接インストール”し直すこと

人間の認識を書き換えて吃音を改善する方法

しゃべることに対する一切の恐怖から解放

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)