「怒り」は細胞を破壊する強力なエネルギー!!

心理・心の癒し

 「怒り」は細胞を破壊する強力なエネルギー!!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

「怒り」が身体にもたらす悪影響

「怒り」の感情を感じると、脳内ホルモンであるアドレナリンが分泌され、
体内では自律神経である交感神経が活発になります。

【交感神経が活発なとき】

・血管が収縮
・血流が悪くなる
・血圧上がる
・胃腸の働きが鈍る

「怒り」によって交感神経が活性化し過ぎると、免疫細胞の働きが低下し、
免疫力が下がることで様々な病気のリスクが高まることとなります。

免疫細胞の60%が腸に集中している

病気の元となる外敵を食い止めるのが、「免疫細胞」

腸内環境が悪くなっていると、免疫力が低下し、
病気に感染する可能性が高くなります。

免疫力を高めるには、腸内環境を整える

人の腸の中には、約500種類、100兆個の細菌が住みついており、
は「腸内細菌」といわれています。

腸内細菌の種類は、善玉菌と悪玉菌が存在し、
腸内の環境状態によって「善玉菌」にも「悪玉菌」にもなったりする
「日和見菌」という3種類に分類できます。

出典 http://www.gut-flora.com

腸内細菌が人格に大きな影響を及ぼす

第二の脳と言われている「腸」は、
人間の気分までをも左右してしまうという研究結果が報告されています。

マウスを使った実験でも、活発なマウスと臆病なマウスの腸内細菌を交換したら、
性格が入れ替わる事が分かっています。

出典 http://www.kunichika-naika.com

セロトニンが放出されることで怒りを抑制する

出典 http://karoma.jp

セロトニンの大部分(約95%)は腸でつくられています。

残りの5%の脳で使われるセロトニンは、脳内で合成されています。
セロトニンの量が不足するとブレーキが効かなくなり、怒りが暴走し、
精神のバランスが崩れてしまいます。

腸内環境の良し悪しが精神のバランスに影響しています。

イライラストレスが多い人はセロトニンをとりいれよう!

メンタルのお悩みは、メンタルサプリ

人はストレスを感じていると、
緊張状態の神経(交感神経)とリラックス状態の神経(副交感神経)の
バランスが崩れてています。

脳内物質の中の一つであるセロトニンが減少し、
人の身体と心に様々な変化が生じるようになります。

このセロトニンを補うため、
いくつかの天然ハーブ素材が注目を集めています。

現代人に多いセロトニン不足を解消

日々のイライラ、怒りっぽさ、不安に襲われるなどといった
ネガティブな気持ちを抑制するのがセロトニンです。

あなたのイライラはセロトニン不足なのかも!!

精神を安定させるセロトニン不足を解消し、ストレスを解消!!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)