悪い癖・視線をそらさず「じっと目を見る人」が良くないのは!?

心理・心の癒し

悪い癖・視線をそらさず「じっと目を見る人」が良くないのは!?
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

目には心理状態が最も表われやすく、「目は口ほどにものを言う」と
言われるくらい、人の本音が表れます。


適度に相手の目を見ながら話すのは、信頼関係を育むのに大切になります。

目を全く見ない、目をそらす癖のある人は自信がないように見えます。
視線をそらせるのは「拒否」のサインとして見られます。

それくらい視線によって相手に受ける印象が変わってきてしまいます。

視線をそらさずじっとみてくる人

話すときに相手の目をじっと見る人がいますよね。
必要以上に見られると、人によってはとても嫌な感覚を与えてしまいます。

目を見ることで相手の負の感情をより受けやすくなり影響が出るそうです。

他人を信用していない

コミュニケーションをとっている時に、無表情でじっと見てくる人がいます。
「この人は何を考えているのだろう」と探っている状態で、「口先で上手いこといっても、編されない!!」という警戒心の現れになります。

結局は疑い深く、他人を信用していないので、態度にでてきてしまいます。

「じっと目を見る行為」マナーとしては間違い

自然に目を見て話すのはOKですが、
目をそらさず凝視して話すのはNGです!

目をそらさないことで、相手に威圧感を与えています。
目をそらさないのは、相手に不快感を与えてしまいます。

出典 http://sugarsystems.com

積極的な人より消極的な人の方が目線がそらせない

積極的な人は色んな人とのコミュニケーションを円滑にしているために、
適度に目線を外すタイミングがわかっています。

消極的な人は目線を外すタイミングが分からないために、じっと見つめてしまい。
目線を外すタイミングが見極められないのです。

相手に嫌われないようにするために相手をじっくり見ていて、相手の思いを
無意識のうちに読取っています。
この行為が逆に相手にとっては不快感を与え、嫌われてしまうことがあります。

「嫌われないように」が嫌われる態度をとっているのです。

何か話かけても、見つめるだけで言葉にしない

「察して!」という無言のメッセージを送り続けても、
相手はよっぽどでないと気付いてくれません。
言葉にしてやっと相手に伝わり、理解されるのです。

言葉にしない人は、言葉にしなくても分かって欲しいという自分勝手な思いを
相手にぶつけているのです。

出典 http://www.mccarthyshow.com

真顔で見られるのが怖い

真顔で凝視されると、見られる方は相当なストレスを感じてます。

適度に目をみながら話す

目線は時々外しながら、適度に相手を見て話すのが理想的。

見られすぎるのも嫌な感じですが、全然目を合わさないのも不自然な
感じで、不快感を与えてしまいます。

お互いラクな目線を保つことが、人との関係性を築くうえで大切になります。

人間の防衛本能が大きく影響

私達は自分を外界のいろんな状況から守るために自己防衛本能と呼ばれる
本能を持っています。

これが無意識に「じっと目を見てしまう」行為になってしまうのです。

人間関係を良好にするには、快適なコミュニケーションをとることになります。

快適なコミュニケーション能力を身につけるには?

①防衛本能を解除する
②コミュニケーションの基本を理解する
③聞き方や話し方のスキルを身に付ける

この3つです。

自己防衛しながら相手との関係性を築くのではなく、オープンな状態で
コミュニケーションをとることができれば、人間関係の質も向上し、
より心地よいリラックスした関係性になることができるのです。

1
  • アルガトリウム.PNG
  • アルガトリウム.PNG
アルガトリウム.PNG

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

アルガトリウム.PNG



タグ

月別アーカイブ

アルガトリウム.PNG
【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)