「しっかりしている」と言われるのが嫌!!その心理は!?

心理・心の癒し

「しっかりしている」と言われるのが嫌!!その心理は!?

「しっかりしている」と見られるのが嫌

口に出して「しっかりしているね」と言われると一見褒め言葉のように聞こえますが、言われた方は「しっかりしている私」でないと受け入れられない、認めてもらえないと思いこんでしまいます。

「しっかりしていない私」がいるのを自分が一番知っているので、言われると辛くなるのです。

「しっかりしている人」のイメージは?

・何でもキッチリとしている
・抜け目ない
・気配りができる
・リーダーシップが取れる
・精神的に自立して いる
・ハキハキしていている

人からは「しっかりしている人」でも本当は・・・

全然しっかりしていないところもある!!

しっかりしているように見られると、「しっかりしている」
というラベルを人から貼られたような感じで、余計に「しっかりしなきゃ」
「しっかりしていない私はダメ」と言う思いがでてきます。

口癖は「大丈夫!」

あるがままの私ではなく、「しっかりしている」私を演じるので、
益々「しっかりしている」と人から思われてしまうのです。

そしてしっかりしていないと思っている自分の欲求があれば
それを抑圧してしまいます。


・「しっかりしている」と言われると気が重い
・「しっかりしている」と言われると、そんなことないのにと思っている
・「しっかりしている」と言われると、分かってもらえていないと思う
・「しっかりしている」と言われると、もっとしっつかりしないとと思う
・「しっかりしている」と言われると辛い

出典 http://www.computerscience.org

「しっかりしている」の内面は!?


・人に頼ることはダメ
・人に甘えることはダメ
・人に弱いところを見せるのはダメ

と色々な禁止をしています。


人に助けを求めずに、どんなときも一人で頑張っています。
だって私「しっかりしている」から!!


その結果

・何でも一人でできる
・できないと思っていても頑張ってやる

「しっかりしている」私でないと認めてもらえない

「しっかりしている」私だからこそ、周りの人に認めてもらえるという
思い込みがあります。

逆に言えば「しっかりしていない」私は認められない。

だからどんなに疲れていても「しっかりしている」私を演じてしまうのです。

出典 http://cdn.pixabay.com

「しっかりしている」=自分に厳しくなってしまう!

「しっかりしている」と言われることで、しっかりしなきゃいけない=自分自身に厳しくなってしまいます。

「しっかりしている」と言われるのが嫌だけど、「しっかりしている」私でないとダメなので、自分の中にマニュアルを沢山つくって、それを課していく自分で自分を苦しめてしまいます。

人は完璧ではない!!

弱い自分を見せてもOK!じっかりしていなくてもOK!と
まずは自分で自分のことを受入れましょう。

あまりに周りから「しっかりしている」と言われたことによって、
「しっかりしている」私でないとダメと思ってしまった。

完璧でなくても良いのです。

「しっかりしている」人のメリットって!?

・人から信頼される
・人に頼りにされる
・自立できている

「しっかりしている」=自立している

人から言う「しっかりしている」は褒め言葉の場合が多いです。
「しっかりしている」=弱い部分を見せるのはダメということではなく、

・自分のことをしっかりと自分でできているよね!
・人のことも思いやって気遣いができるね。

とあなたの中の良い部分について褒めているのです。

出典 http://ichef.bbci.co.uk

「しっかりしている」という言葉は、他人が思っていることと、
あなた自身が思っていることにズレがあります。

良い言葉として認識してみてくださいね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!





タグ

月別アーカイブ

【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)