妊娠中に発症しやすくなる「妊娠糖尿病」とは!?

子育て・幼児教育

 妊娠中に発症しやすくなる「妊娠糖尿病」とは!?
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

「妊娠糖尿病」とは!?


妊娠の影響で発症する糖代謝異常の一種が「妊娠糖尿病」です。

妊娠中はインスリンの働きが低下し、血糖値が上がりやすくなり、
肥満や高カロリーな食事の摂取は、妊娠糖尿病の原因となります。

他には、糖尿病になりやすい遺伝的体質を持っている(身内に糖尿病の人がいる)ことや、
ストレス、高齢出産も原因になります。

初期段階では自覚症状がほとんどなく、検査で気付かれることが多いです。

ただ、妊娠糖尿病は軽度であることが多く、産後には症状がおさまる場合が大半です。

近年大幅に増加「妊娠糖尿病」

2010年の7月より「妊娠糖尿病」の定義と診断基準が改定され、
判定ラインが厳しくなりました。

◆妊娠糖尿病(GDM)

75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。
空腹時血糖値 ≧92mg/dL(5.1mmol/l)
1時間値 ≧180mg/dL(10.0mmol/l)
2時間値 ≧153mg/dL(8.5mmol/l)

◆糖尿病 overt diabetes

以下のいずれかを満たした場合に診断する。
空腹時血糖値≧126mg/dL
HbA1C≧6.1%(DCCT standardized≧6.5%)注1
随時血糖値>200mg/dL注2
*随時血糖値>200mg/dLの時は、空腹時血糖かHbA1Cで確認
糖尿病網膜症が存在する場合

通常の糖尿病とどう違うの!?

糖尿病と妊娠糖尿病の違いは、
妊娠時に胎盤から出てくるホルモンが原因になることです。

胎盤から出るホルモン(インスリン拮抗ホルモン)によりインスリンの働きが
弱められることが原因で、十分な量のインスリンが出ないため血糖値が
上昇しやすくなります。

妊娠糖尿病で高血糖状態が続くと起きる合併症は!?

・流産や早産のリスクが高まる
・娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症などの合併症を起こしやすい
・巨大児、低出生体重児、先天性奇形、子宮内胎児死亡などのリスク

健康を管理することが大切

出典 http://www.mommypotamus.com

食事内容を見直し、糖質が多く含まれるものは控えた方がよいでしょう。
食べるタイミングや順序によって血糖値の上がり方が変わりますので、
お野菜から食べるように、また良く噛んでたべましょう。

空腹が長時間続いた状態で次の食事を摂ると急激に血糖値が上がるので、
数回に分けて食べることをおすすめします。

【血糖値を上げやすいもの】


白ご飯・食パン・うどん・ラーメンなどの炭水化物
かぼちゃ・じゃがいも・にんじんなど糖質の多い野菜

運動をする

出典 http://images.fitpregnancy.mdpcdn.com

激しい運動ではなく、身体の負担が少ないウォーキングなどの
有酸素運動を適度にすることが大切です。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)