ネガティブ感情が免疫に与える影響が怖い!!

健康・美容

ネガティブ感情が免疫に与える影響が怖い!!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

感情の役割りって!?

感情のエネルギーは注意を促すために生じ、行動を起こさせるのが役割です。

感情にはポジティブ感情とネガティブ感情があり、
それぞれの感情はそれぞれに応じた行動を起こさせます。

またある評価を加えることで思考には感情がついてきて、
思考は「感情」によって強化されていきます。

感情は表現されるもの

emotion=感情の語源は emote=表現するという意味です。
感情を感じたときは、その感情を表現する必要があります。

ネガティブ感情が健康を害する

感情を表現しないで、抑圧したり、内側に溜め込んだりすると
肉体にまでダメージが生じます。

ネガティブ感情を抑圧していると、逃避状態に自分を追い込み、
身体が正常に機能しなくなる化学連鎖反応を起こします。

嫌なネガティブ感情を感じると、ホルモンが溢れだし、バランスの回復
難しくなって時間もかかってしまいます。

出典 http://images.medicaldaily.com

ネガティブ感情は私たちを守ってくれる役目も

注意が必要なことが起こると、感情を感じることで瞬時に化学的連鎖反応を
起こし警告を促してくれます。

◆思考+マイナス感情=安全で慣れ親しんだ方を決断する

◆思考+プラス感情=新しいアイデアを受入れるよう判断する

プラス感情は思考が鎮まる

プラスの感情を感じると、やる気が増して、気分がどんどん高まっていきます。

いらない思考も鎮まると同時に、自分が望んでいることに対して行動することが
できます。

怖れは具現化する予言

怖れは6つに分類できます。

・生存(経済的)
・未知(変化すること、)
・放棄(孤独、悲しみ、寂しさ)
・裏切り(疑い、信頼、安心)
・拒絶(受け入れられない、見捨てられる)
・死(病気)


どんな問題でも、その主な原因は「怖れ」と言われています。

怖れがあると、色んなネガティブなことを想像して、それで疲れてしまいます。

現実は何も起こっていなくても、
自分のマイナスイメージ(妄想)で疲れてしまうのです。

怖れは幻想です。

病は気から

ストレスがあるとネガティブな感情を溜め込んでしまいます。

ストレスは自律神経・内分泌系・免疫系に悪影響を及ぼします。

私たちの身体は、「自律神経」「内分泌」「免疫」の3つの働きを
安定的に維持することで、健康を維持することができます。

・体の働きを調整する「自律神経」

・ホルモン分泌をつかさどる「内分泌」

・外部から進入する異物から守る「免疫」

自律神経の乱れで体の不調が現れる

自律神経には交感神経と副交感神経の2つの種類があります。

出典 http://www.ninjin-ranking.com

交感神経とは緊急時やストレス時に働き、
副交感神経が働いているときは、エネルギーを回復に集中させています。

不規則な生活やストレス過多で交感神経が働きすぎしまうと、様々な体の
不調が現れます。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや不規則な生活、睡眠不足など様々な要因でホルモンバランスの崩れ

自律神経もホルモンバランスも視床下部がコントロールしているために、
お互いが影響しあっています。

「怒り」⇒アドレナリン分泌⇒交感神経の働きを促進⇒体の各器官に血管の収縮
・瞳孔の散大・血圧の上昇・心拍数の増加などの働きが促される。

出典 http://www.the-wheel-of-yoga.com

免疫力低下は様々な病を引き起こす

免疫というのは病気などに対する抵抗力のこと

健康な身体の人でも1日に5,000個生まれる癌細胞。
常に体内を巡回し、がん化した細胞を見つけると即座に
攻撃してくれるのが免疫細胞である、NK(ナチュラルキラー)細胞です。

免疫力が低下すると、退治する力が弱まり、がん細胞が増殖してしまうのです。

ネガティブな感情エネルギーが身体に影響する

抑圧された感情は自分の身体を破壊する!

・怒り=肝臓
・深い悲しみ=肺
・心配=胃腸
・ストレス=心臓と脳
・恐怖=腎臓

人は自分の抱えている感情に目を向ける必要があります。

大人になると感じているのにも関わらず感じないように感情を抑圧する
傾向があります。
抑圧されたネガティブ感情は、感じていないため、自分の中にあり、知らず知らずのうちに、私たちの身体を破壊していくのです。

例えば「怒り」は外に向けるととても攻撃的では快適なエネルギーだということが分かりますが、抑圧していると身体を攻撃し破壊していくのです。

抑圧しているネガティブ感情は内に向けられ、気付いたときには健康が損なわれる可能性があります。

いわゆる「いい人」ほどガンになりやすかったりします。

出典 http://exploringyourmind.com

感情を抑圧していると早死にする

米ハーバード公衆衛生大学院およびロチェスター大学による調査
〈「The New Zealand Herald」紙に掲載〉

感情を押し殺している人は、そうでない人に比べて若くして
死亡する確率が約35%も高くなるそうで、
死亡原因別では、心臓関連の病気が47%増、
「がん」が70%増という結果が発表されています。

感情は感じきる!!

感じきることで浄化される!

感情を感じないで抑圧したままでと、「否定」「拒絶」「抵抗」したままで、
そのエネルギーの状態のままあるのです。

感情を受け入れる感じると、「肯定」「安心」のエネルギーに変わります。

感情は感じることで自由になれる!

感情を抑圧する人は抑圧することが癖になっていますが、
感情は感じることで自由になれます。

また感情を抑圧することで、人間関係に影響もでてきます。


ストレスを溜めないで自分らしく生きたいけど・・・


長年の癖で方法が分からない方は
「幸せの12ステップ」をお試しください。

感情を表現することで自分らしさを取り戻し、免疫力もUPします。

身体と精神の健康は人生を生き生きさせてくりますよ!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ


【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)