「もう何も言わない」と決めた!!突然何も言わなくった人の心理とは!?

コミュニケーション・会話

  「もう何も言わない」と決めた!!突然何も言わなくった人の心理とは!?

何も言わない=諦めたということ

何も言わないということは、関わらないということで、
完全に見捨てた、諦めたということになります。

納得いかなければ、きちんと自分の意見を伝えていた人が
何も言わなくなったら要注意!!

静かになって良かったと考えているなら大間違いです。

文句を言われるうちがいい!

文句を言われるとうるさく感じるけれど、
まだ相手とのコミュニケーションをとっている状態なのです。

出典 http://www.irishtimes.com

何も言わない選択は無言の抵抗

何も言わないというのは、コミュニケーションをとることをやめた、
諦めたということで、問題が深くなります。

何も言わないということは、相手が何も言わさない=うるさいから黙っていろ
というメッセージを送っているはずです。

何も言わささないは悪い方向に

黙っているということは、かなり怒っています!
また心底失望して、言ってもムダだと気付くと言わなくなります。、

言うことでもめるのがイヤになり殻に閉じこもっている状態になります。

言わないというのは決していいことではなく、
むしろ悪い方向に向かっているのです。

出典 http://drama16.info

愛の反対は無関心~無関心は何も言わなくなる

愛情があるからこそ関心があり喧嘩してでも分かって欲しいと思えますが、
愛情がなくなると本当に無関心になってしまいます。

心が枯れている状態で、突然何も言わなくなるのは、要注意です!
一度冷めた気持ちは 簡単には元には戻りません。

言うだけ無駄

気持ち的に距離を置いた状態で、何も言わなくなる場合があります。
疲れてしまった場合は、相手との距離をとろうとします。

心が疲れてどうでもよくなったら自然と距離ができてしまいます。
関わらなければ波風も立たない、どうでもよくなっている状態です

出典 http://naruhodo.jp.net

黙ったあとの一言は重い!!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!





タグ

月別アーカイブ

【代引き版】◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)